トップページ > ドルアーガの塔

ドルアーガの塔ストーリー

ドルアーガの塔は、現在とは異なる時間、現在の世界とは異なった世界から物語が始まります。

母なるユーフレイトの流れの畔にある「バビリム」という街は、かつては度重なる困難に見舞われてきました。しかし、王子「ギル」が、女神「イシター」の巫女である「カイ」と共に、混沌の神「ドルアーガ」を討ち取ることに成功し、長い道のりの果てにこの世界に平和を取り戻したのです。「バビリム」に住む人々は、英雄であり、そして未来のこの国の王である「ギル」と、その妻となる「カイ」の帰還を待ち望んでいたのですが、「バビリム」に戻った「ギル」と「カイ」から思いも寄らぬ言葉が返ってきたのです。その言葉は、人日とが望んでいたものとは程遠いものでした。

「まだ、やるべきことがある」

そう2人は言い残し、引きとめようとする人々を振り切って、足早に「バビリム」を後にしたのです。

「ギル」と「カイ」が「バビリム」を去ってから数ヵ月後、突然、混沌の塔が復活し、安寧の地に再び暗雲が立ち込めました。モンスターは徘徊し、神の力を封じたオーブの暴走によって動物たちは凶暴化。その脅威は、「バビリム」だけでなく大陸全土へと徐々に侵食し始めます。一体、「バビリム」に混乱をもたらした元凶とは何なのか。混沌の神「ドルアーガ」が復活してしまっているのか…。「ギル」の留守を預かっている、宰相の「サルゴン」は、元凶の根を絶つべく、冒険者を募り始めます。

己の名誉のため、愛する者のため、世界の真実を解き明かすため…様々な思いを胸に、冒険者たちは、「ドルアーガの塔」へと向かうのです。

「バビロニア神話」とモチーフとしている世界観と、ドルアーガの塔に仕掛けられている難解な謎。プレイヤーは、広大な神話の世界に隠されている謎と向きあいながら、冒険者として、「ドルアーガの塔」の世界へ入り込み、ソロプレイ、あるいは他プレイヤーと協力し、コミュンケーション等を駆使して謎を解き明かして下さい。